眠りたいのに眠れないのはどうすればいいの?

寝るのが苦手雑記
スポンサーリンク

※この記事には「どうやったら眠れるのか」の答えは記載されておりません

どうも、かっぱのごびゅうです。

かっぱは寝るのが苦手です。
苦手っていうか、下手です。

「寝よう」と思って布団に入ってから、
「寝る」まで3時間はかかります。

やっと寝れたかなと思っても、3時間ぐらいで意識が戻ります。
うーうー言いながらまた寝ようとします。

そしてお決まりですが、
起きなきゃいけない時間になると寝れそうになります。

けっこう毎日が睡魔との闘いです。
あと、最大の不満が、

寝るための時間に8時間つかっても、
実際寝てるのが4時間。

という、なんかこう・・・納得いかない感じ?です。

原因も調べたりもしました。
大体こんな感じでした。

・肉体的な面
・精神的な面
・生活習慣

まぁ・・・そうでしょうね。
医学に詳しくないかっぱでも、なんとなくわかってました。
結局原因なんて、人それぞれで違いますからね。
こんな感じにカテゴライズするしかないのかも。

さて、
ここからかっぱの自論に入ります。
とりあえずは、「寝付く」ことに対してです。

眠いから寝たい。
寝なきゃいけないから寝たい。
それでも眠れない。

かっぱはこうなると脳がグルグルグルってなって、
気持ち悪くなります。
そしてこう思います。

「考えるのを止めたい」(って考えてる)

なんか、思考さえ止まったら眠れるんじゃないかと、
漠然と考えてるわけなんですが、
そもそも意図的に止める術を持たないので、
検証のしようがありません。

ちなみに、ひとつ試してみたことがあります。
成功率としてはそれなりの数値を叩き出したものの、
命の危険を感じたので、
というか危険そのものだったので、

皆様は絶対にやってはいけません!!

という前提の試みです。

それは、

とても温度低いぬるま
意識飛ぶ直前まで浸かる

というもの。

ぶるぶる・・・

・・・ふっ

はい、やってはダメです。

そんなこんなで、未だにうまく眠れない日々です。
ただまぁなんとなく、
寝る前に、無関心なものにとっつくってのも、
有効なんじゃないかと思ってます。

思考が止まればいいわけだし(かっぱ理論)

人によって関心を持つものは違うので、
自分で見つけるしかないんですけどね。

というかこの理屈だと、
いろんなものに関心がある人のほうが大変だね。

まぁ、寝付き方なんてね、
知らなくてもね、
かっぱも知らないからね、
いっしょいっしょ。

こんな言葉で和らぐことなんてひとつもないけどね。

ちゃんと寝たいよ。
なにか見つかったら記事にするよ。
期待して来た人はごめんなさい。
おつかれさま。

コメント

タイトルとURLをコピーしました